ホワイトニングアイテム2017年ランキング

自宅で簡単!ホームホワイトニングとは?効果や気になる費用を大公開!

今では自宅で簡単にホワイトニングができると人気のホームホワイトニングですが、費用や効果が気になりますよね?
そこで今回はホームホワイトニングについて紹介していきます!
ぜひ参考にしてくださいね。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、名前の通り自宅で簡単にホワイトニングをする方法です。
まずは歯科医院にいき、自分の歯型にあったマウスピースを作成し、専用の薬剤をマウスピースに塗って毎日装着するという方法になります。

初めに歯科医院に行った後は通院する必要はないので、子育てや仕事で忙しいけどホワイトニングがしたいという方におすすめのホワイトニングとなっています。

メリットとデメリットは?

ではまずはメリットとデメリットを書いていきましょう。

メリット

①オフィスホワイトニングよりも価格が安い

ホームホワイトニングは一度マウスピースを作ってしまえば、あとは薬剤を購入するだけなので、何回もホワイトニングをすることができます。

そのため、長い期間で見るとオフィスホワイトニングよりも価格が安いんです。

②知覚過敏になりにくい

自分で薬剤を塗布するので、歯科医院で行うオフィスホワイトニングの薬剤に比べて濃度が低いので、歯に刺激が少なくなっています。
なので知覚過敏になりにくく、ホワイトニングした後も痛みが出ることが少ないです。

③後戻りがしにくい

ホームホワイトニングは濃度の低い薬剤を使用して、長期間かけて歯を白くしていくので後戻りがしにくいです。

オフィスホワイトニングは半年ほどで元の歯の白さに近く戻ってしまいますが、、ホームホワイトニングは1年近く白くなった歯の白さを保つことができます。

デメリット

①歯が白くなるまで時間がかかる

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも濃度の低い薬剤を使うので、歯が白くなるのに時間がかかります。

オフィスホワイトニングの場合1日でかなり白くなるので、すぐに歯を白くしたい方にはおすすめできません。

②1回に2時間かかる

マスピースに薬剤を塗って、歯に装着してから2時間かかります。

なのでマウスピースが苦手という方は2時間がすごく苦痛に感じてしまうでしょう。

2時間もマウスピースができないという方は、オフィスホワイトニングの方がいいでしょう。

ホームホワイトニングの価格

ホームホワイトニングしてみたい!けど価格が気になりませんか?

ホームホワイトニングの価格の相場は15,000円~40,000円とオフィスホワイトニングよりかなり安いんです。
さらにここに専用の薬剤が2,000円~10,000円となっています。

ホームホワイトニングもオフィスホワイトニングと同様に保険適応外になるので、全額自己負担となります。
別途費用で初診料、クリーニング料がかかることもあります。

ホームホワイトニングの流れ

ではここではホームホワイトニングの流れをチェックしてみましょう。

①予約・カウンセリング

ここは、オフィスホワイトニングと同様にまずは歯科医院を予約して、歯科医師や衛生士に診てもらい、カウンセリングを受けます。

ここで自分の治療歴や歯の状態、気になっていることを聞きましょう。

②口内チェック・クリーニング

ホームホワイトニング費用とは別に口内チェックや、歯のクリーニングを行いホームホワイトニングができるかどうかチェックします。
この時、歯周病や虫歯がひどい場合はホームホワイトニングが出来ない場合もあります。

歯のクリーニングでは何を行うの?その目的と効果とは?

③歯の撮影・歯型とり

ホームホワイトニングでは自分専用のマウスピースを作らなければならないので、歯の写真を撮り、型を取って自分の歯にあったマウスピースを作成します。

④ホワイトニング

歯科医院でマウスピースとホワイトニング専用の薬剤を受け取ったら、ホワイトニングの開始です。
歯を磨いたら、マウスピースにホームホワイトニング専用の薬剤を塗って、歯に装着し2時間待ちます。

使い終わったら、マウスピースは水でしっかり洗い自然乾燥して専用のケースにしまいましょう。

⑤再診

2~4週間後もう一度歯科医院へいき、診察と必要であればクリーニングを行います。
さらにホワイトニングをしたい場合は薬剤だけを購入すればOKです。

以上が流れになります。
自分に合ったマウスピースさえ作ってしまえば、好きな時に好きなタイミングでホワイトニングをすることができますよ。

マウスピースと薬剤の保管方法

ホームホワイトニングでマウスピースはきちんと保管しておけば長く使い続けることができます。
使用したマウスピースは、水で薬剤をよく洗い流し、細かい部分は歯ブラシをつかって優しく洗い落とします。

また、お湯を使うとマウスピースが変形する可能性があるので、必ず水を使ってください。
さらに洗った後はケースにしまって保管してください。

そして薬剤ですが、直射日光や熱に弱いので、冷蔵庫保存をするようにしましょう。
子どもがいる場合、薬剤を飲んでしまう可能性があるので、手が届かない場所に置くようにしてくださいね。

ホームホワイトニングの注意点

ではここではホームホワイトニングを受ける時の注意点を書いていきますよ。

まず、食事制限や歯の状態、体の状態によってオフィスホワイトニング同様ホームホワイトニングができないので注意してください。

この記事に詳しく書いてあります。
オフィスホワイトニングについて

①2時間以上決まった時間にする

毎日しっかり2時間以上マウスピースを装着してください。
毎日しっかりケアすることで高い効果を実感することができます。
自分のライフスタイルに合わせて、毎日決まった時間にケアすることで続けやすくもなります。

②薬剤を塗りすぎない

ホームホワイトニングの薬剤をたくさん塗ったからといって、その分白くなるというわけではありません。
しっかり指導された適量を塗るようにしましょう。

③歯に力をいれない

マウスピースを装着している間は歯に力を入れないようにしてください。
歯に力を入れてしまうと、マウスピースが破損してしまう可能性があります。

④しっかり口をすすぐ

ホワイトニングを装着した後は、その度にしっかり口をすすいでください。
薬剤が残ったままだとさらに歯に汚れがつきやすくなってしまいます。
ホワイトニング後はしっかり口をすすぎ、歯のあいだに残った薬剤を歯磨きで落としてください。

⑤ホワイトニング後は飲食しない

ホワイトニングをした後は色が付きやすくなっています。
そのため、飲食をしない方が、ホワイトニングの効果を感じやすくなります。

もちろん必ず開けなくてはいけないというものではないので、食べてもOKですが効果を良くしたいなら飲食はしないほうがいいでしょう。

また、コーヒーや赤ワイン、紅茶などの着色の強い飲み物、食べ物は避けた方が賢明です。

ホワイトニング後の食事はどうしたらいい?食事の不安を解決

ホームホワイトニングでしみた場合

では最後はホワイトニングの際にしみた場合の対処法を書いておきます。
いくら薬剤の濃度が低くしみにくいからといって、やはりしみない方がいないわけではありません。
そのようなときは、毎日するのではなく、1日おきにホワイトニングをするといったようにしましょう。
しみるのが数日間も続く場合は歯科医院に相談しましょう。(薬剤を違うのに変えてもらうなど)

まとめ

いかがでしたか?
今回はホームホワイトニングについてみてきました。
最後はこの記事のまとめを書いていきます。

①ホームホワイトニングは専用のマウスピースを作って自宅で行うホワイトニング
②オフィスホワイトニングよりも濃度の低い薬剤を使っているのでしみにくい
③マウスピースを作ってしまえば、薬剤の購入だけで何回もホワイトニングができる
④もしもしみたら、1日おきにホワイトニングをする

以上4つがまとめとなります。
最近、忙しい方に大評判のホームホワイトニング。
白い歯になれば周りの印象も変わってきます。

ぜひ気になっている方は、歯科医院に相談してみてくださいね。