ホワイトニングアイテム2017年ランキング

歯が黄ばむ6つの原因とは?日ごろの習慣が黄ばむスキを作っている!

歯の黄ばみ気になりますよね・・。
今回は歯が黄ばんでしまう原因を詳しく書いていきます。
これを読めば何が原因で自分のhが 黄ばんでいるかわかりますよ!
ぜひ参考にしてくださいね。

歯が黄ばんできた!

歯が黄ばんで気になっている方、多いのではないのでしょうか
実は歯の黄ばみはステインとも呼ばれていて、
・エナメル質の表面汚れ
・象牙質まで色素沈着を起こし、エナメル質が薄く汚れが目立っている
おおきくこの2つに分かれます。
象牙質とは、歯の表面のさらに奥の部分を言います。

本来歯は白いものなのに、なぜ黄ばみが発生してしまうのでしょうか?
これから歯が黄ばんでしまう原因について深く迫っていきたいと思いますよ!
実は私たちの何気ない週間が、黄ばみを引き起こしています。

歯が黄ばむ原因とは?黄ばむ原因を徹底的に見ていきます!

①食生活

色の濃い食品

色の濃いトマトやほうれん草といった野菜や、トマトソースやミートソース、キムチ、カレーといった料理は黄ばみの原因となります。
このほかにも醤油やソースも黄ばむ原因に!
でも食べないなんて無理ですよね・・・。

ポリフェノールが含まれている

ポリフェノールは体にいいですが、歯のきばみには大敵な成分となっていて、普段から以下のような飲み物を飲む方は歯が黄ばみやすいです。

ワイン、ウーロン茶、コーヒーといったものがあげられます。
とくにワインやコーヒーはその中でも黄ばみの原因としてよく聞くものだと思います。
ポリフェノールは飲み物だけでなく、ソバ、ココア、チョコレート、燻製といったものにも含まれていますよ。

歯のエナメル質を溶かす飲み物

じゃあ色物の飲み物をのまなければいいんだ!と思う方もいると思いますがこれは間違っています。
アルコールや炭酸飲料、スポーツ飲料も黄ばがつきやすい歯を作ってしまうんですよ!
さらに炭酸飲料は歯のエナメル質を溶かしてしまうので、黄ばみが目立ちやすくつきやすい歯にしてしまうんです。

②生活習慣

喫煙

タバコで歯が黄ばむというのは有名な話ですよね。
タバコの中にはタールが含まれていて、これが俗にヤニと呼ばれていて歯の黄ばみを引き起こします。
ひどくなると歯を黒くしてしまうんですよ。

近年ではアイコスが販売され、このアイコスは低温加熱で煙を出さず、歯の黄ばみを抑えてくれる効果もあるので、おススメですよ。

間違った歯磨き

実は普段何気ないしている歯磨きで、黄ばみの原因を作っている可能性があるんです!
これは驚きですよね。

歯磨きをするとき誰でも歯磨き粉を使いますが、歯磨き粉には研磨剤が入っています。
研磨剤は字の取り削って汚れを落とす効果があるので、歯磨きは軽く行うのがいいんですが、黄ばみや汚れを落とそうと強く磨いてしまうと、歯のエナメル質が傷つき、黄ばみを増殖させてしまうんですよ。

また歯磨き粉をたくさんつけすぎなのも黄ばみの原因となります。
つけすぎると、削るちからが増えてしまうので、余計に黄ばみがでてきてしまうんですよ・

歯ぎしり

寝ている間の歯ぎしりをしてしまっている方!
歯ぎしりは歯と歯をこすれ合わせるので、表面のエナメル質を傷つけてひどい場合には、中にある象牙質がでてきてしまうことがあるんですよ。

知覚過敏の原因にもなりますので、歯ぎしりはやめましょう!

③口内環境

口の中の乾燥

口の中が乾燥している=唾液がすくなっているという証拠です。
唾液には、口の中を洗浄する効果があるので、必要不可欠なものなんですが黄ばみや歯石によって唾液が出にくい環境になっていることもあります。
特に歯並びが悪い方、口を閉じにくい方の多く見られます。

虫歯・歯石

虫歯は、歯をどんどん変色させていきます。
そのため、もしかしたら虫歯が原因で黄ばみが発生している可能性も考えられます。
しかし、虫歯の初期は痛みもなく素人の判断は困難なので一度歯科医院で見てもらうことをお勧めします。
変色がひどくなればなるほど痛みが生じて虫歯が発覚しますが、その時にはすでに進行している状態です。
また、歯石も黄ばみの原因となります。
磨き残しが積み重なると汚れが蓄積され硬くなり、歯石となります。
歯石が歯につくと口臭もでてきて、歯茎も腫れてきてしまい歯周病となってしまうんですよ。
歯に付着するとだんだん黄ばみをつけていくんですよ。

詰め物

治療を受けて安心している方!実は治療後のケアもしっかりしないと黄ばみの原因となるんですよ!
とくに詰め物をしている場合、年数がたつにつれ詰め物の色が変化したり、金属の影響で歯が変色が起こってしまうんです。
これにより黄ばんでみえたり黒く見えてしまうんです。
定期的なメンテナンスが必要なんですよ。

神経がない歯

ハリセンボンの箕輪はるかさんは、以前前歯が神経が死んで黒ずんでいたのを覚えていますか?(今は治療してきれいになっています。)
このように治療で神経を切ってしまった歯は時間の経過とともに黒ずんでいきます。
こういった歯は失活歯と呼ばれ、きちんと治療することが大切です。

⑤生理的要因

加齢

加齢でも黄ばみが発生してきます。
年齢とともに私たちの歯はエナメル質が消耗され薄くなっていき、象牙質の色が目立つ世になってきてしまうんですよ。
これはなかなか避けられませんね。

遺伝

また遺伝で黄ばみやすいというのもあります。
実はこれ日本人全員あてはまるんですが、日本人の歯は表面のエナメル質が薄く、象牙質がすけやすい傾向にあり、黄色く見えやすいんです。

なのでこればっかりは、日本人の歯の特徴をうらむしかないんですよね・・。
さらに遺伝病でも黄ばむ原因になります。
特に先天性ポルフィリン症、先天性たんぱく血症、糖尿病のといった遺伝する病気や代謝異常で歯が黄ばんでしまうんですね。

⑥外的要因

抗生物質の服用

抗生物質を飲むと歯が黄ばむという副作用が起こる可能性があります。
この抗生物質とは、インフルエンザやマイコプラズマ、クラミジア、梅毒といった治療薬のことを言います。
この薬をのむと歯が黄ばみを進行させるといわれています。

うがい薬

うがい薬の色を見てください!かなり濃い色をしていますよね?
これが着色汚れをまねき歯が黄ばんでしまうんです!

でもうがいって毎日大切ですよね?
水でしっかり薄めてからうがいをすると黄ばみを防ぐことができますよ!

歯を黄ばみをとるには・・?ホワイトニングのすすめ

では歯の黄ばみを取るにはどうしたらいいのでしょうか?
歯の黄ばみは、歯磨き粉をつかっても綺麗にとれないのが現状です。
さらに歯磨き粉で落とそうと強くこすってしまいさらに黄ばみを進行させてしまう可能性もあります。

そこでおすすめなのがホワイトニングです。
ホワイトニングははの内側から漂白し歯を白く見せてくれるんですよ。
さらに、ホワイトニングをする前に必ず表面の汚れをおとしてくれるクリーニングがあります。
クリーニングだけでも自然な白さになったという方もいるので、ぜひ一度歯科医院を受診してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、歯の黄ばみの原因についてみてきました。
最後はこの記事のまとめです。

・歯は色の濃い食べ物、飲み物によって簡単に黄ばんでしまう
・歯の磨きすぎや歯ぎしりも黄ばみの原因となる
・喫煙や飲酒の習慣も黄ばみを発生させる
・遺伝や、飲んでいるくするの副作用、うがい薬でも黄ばみがおこる

以上4つが今回のまとめとなります。
歯が黄ばむ原因って実はこんなにたくさんあったんですね。
自分の生活習慣をもう一度確認してみて、黄ばみの原因を探ってみてくださいね。