ランキングページテキスト

そもそもなぜ歯が黄ばむのか?

なぜ歯が黄ばむのか

せっかくダイエットなどで自分磨きをしても、笑顔の時に見える歯が黄ばんでいると台無しになってしまいますよね。
原因や対策をしっかりチェックして歯の美容もしっかりと行いましょう♪

ではまず自宅でホワイトニングの方法を紹介する前に、簡単に歯が黄ばんでしまう原因を見ていきましょう!
真っ白な歯を手に入れるためには、まず原因を知るところから!

歯は表面を覆うエナメル層、その内側にある象牙質、さらに歯の中心にある神経の3つから形成されています。
日本人も含まれる黄色人種は、もともと象牙質の色が黄色く歯も黄色く見えてしまうんです。
そして、私たちのちょっとした生活習慣が関係して、表面のエナメル質が黄ばんでしまうんですよ。

①喫煙

タバコにはヤニ(タール)が含まれていますよね?
このヤニには、歯の表面に付着し、さらに粘着質があるためなかなか取れず蓄積され、歯の黄ばみになります。
部屋の中でたばこを吸っていると壁が黄色くなりますよね!これもヤニが原因です。
タバコで黄ばんだ歯のヤニってすごく気になりますよね。。。
最近ではIQOSという加熱式タバコが流行っていますが、このアイテムを使えばだいぶヤニ対策になります。

②食品

普段私たちが食べたり、飲んだりしているものも意外にも黄ばみの原因となります。
特にポリフェノールやタンニン、カテキンが多く含まれる赤ワインやコーヒー、ココア、チョコレートといったものがあげられます。
さらに色の濃いトマト、カレー、醤油、ケチャップといった食品も黄ばみのもとになると言われています。
食事を気をつけるだけでも歯のケアになりますよ。

③加齢

歳を重ねると、象牙質の色が濃くなり、表面のエナメル質が摩耗して薄くなるので、黄ばんでいるように見えます。

④虫歯

虫歯はだんだんと歯の色が変色していきます。
初期のころは周りの歯よりも白くなり、進行すると、黄ばみが発生します。
その後、象牙質まで虫歯が進行すると、茶色くなり、最終的に神経に到達すると歯が黒く変色して痛みも出てきます。
そうなる前に歯科医師に相談して、きちんと治療してもらいましょう。

歯の黄ばみについてはこちらのページでも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にどうぞ。

⇨歯の黄ばみの治し方!歯を白くする方法を徹底解説

ホワイトニングおすすめランキング

自宅で簡単に歯を白くする方法5選!

では自宅で簡単にホワイトニングをする方法をすべて紹介していきます。
この記事を読めばどんな方法があるのか一発でわかっちゃいますよ♡

①歯磨き粉

近年販売されている歯磨き粉で「ホワイトニング歯磨き粉」という商品がたくさん出ていますよね!
歯を磨くだけで簡単にホワイトニングが出来るというものですが、歯磨き粉、いわゆるペーストで、現在日本で売られているものは、ホワイトニング効果はありません

歯の表面を汚れを除去することは出来ますが、実際は白くなりにくく漂白する効果はないので覚えておきましょう。
さらにほとんどのホワイトニング歯磨き粉は、研磨剤を使用していて、磨きすぎると歯の表面を傷つけ黄ばみを悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。
また、表面の汚れを落とそうと強く磨いてしまう方も多く、これも歯を傷つける原因となりますよ。

関連記事↓

ホワイトニング歯磨き粉でよくある失敗例!

②重曹

重曹を使った歯磨きやうがいで、自宅で簡単にホワイトニング出来るという記事が多く出回っています。
重曹には、研磨作用があり、それが歯の表面の汚れを除去してくれるんですが、これもホワイトニングのように漂白する効果はないんです。
さらに、重曹を使った方法も間違った方法をすると、結果、歯の表面を傷つけさらに黄ばみを進行させてしまうので注意が必要です!

重曹でホワイトニングができる!?やり方を分かりやすく解説

重曹ホワイトニングの失敗例

③ホワイトニングペン

自宅で気軽にホワイトニングができる商品としてホワイトニングペンも販売されています。
海外では様々な商品が販売されていますが、日本のものは、薬事法によって規制されているものが多く、ホワイトニング成分が少ししか入れていないものが多いです。
しかし歯に塗って使用するものなので、注目が集まっています。

ホワイトニングペンでの失敗例!その原因や対策は?

海外のものは、個人輸入で購入が可能なのですが、完全自己責任なので注意が必要です。

ホワイトニングペンを日本で購入するには?2つの注意点も解説!

④ホワイトニングテープ

海外ではかなりポピュラーな商品となっていています。
歯科医院同様のホワイトニング効果があり、使い方も簡単で自宅で好きな時にホワイトニングができると人気なんですよ!

アメリカでは歯にシールを貼ってホワイトニングする人もいる

しかし日本では販売が禁止されています。
こちらもホワイトニングペンと同様個人輸入が可能ですが、使用後のトラブルは完全自己責任となっています。

効果絶大!日本で販売が禁止されているホワイトニングテープの使い方は?

ホワイトニングテープの失敗例!日本で販売禁止なのには理由がある!

⑤ホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルは時間はかかりますが、自宅で簡単にホワイトニングが出来る商品です。
医薬部外品に認定されていて、日本の薬事法にも違反しない国内生産のものも多く販売されているので、安心安全に使うことが出来ます。
値段もそんなの高くないので毎月続けられます。

ホワイトニングおすすめランキング

→おすすめなのは、手軽で、安心安全に使えるホワイトニングジェルです。
以下ではオススメのホワイトニングジェルをランキングでまとめてあるのでぜひ参考にしてくださいね♡

自宅ホワイトニングのメリットやデメリット

自宅でホワイトニングをするにあたり、デメリットやメリットをしっかり確認しておくことが大切です。

メリット

  • 自宅で毎日効率的にホワイトニングが出来る
  • 歯科医院より値段が安いので歯を白くできる
  • 真っ白い歯というよりは自然な白い歯を手に入れることが出来る
  • 歯や歯茎にやさしい設計
  • 研磨剤不使用のものがほとんどなので、歯を傷つけることがない

デメリット

  • ある程度の期間使い続けないと効果がない(長期間使い続けなければならない)
  • 象牙質までは白くできない
  • ホワイトニング歯磨き粉よりも価格が高い

以上がメリットとデメリットとなります。
ホワイトニングジェルは毎日使うことで、ステインを除去して歯を自然な白さにしてくれます。
象牙質を白くする効果はないので、真っ白い芸能人のようなキレイな歯にする事は出来ません。
歯を白くすると同時に、黄ばみの予防用として使っている方もたくさんいるんですよ!
医療従事者が使うわけではないので、使用している成分も歯や歯茎にやさしい設計となっています。
また、研磨剤を使用していないものが多く、歯を傷つけることがないのも安心できるポイントですね♡

デメリットとして、速効性がないため毎日使い続けないと意味がありません。
さらに、ホワイトニング歯磨き粉よりも価格は高くなっていますが、驚くような価格ではないので安心してくださいね。

ホワイトニングで効果のあるジェルの選び方

自宅でホワイトニングするのに一番効果があるのはホワイトニングジェルです。
その話題のホワイトニングジェル選びのポイントをご紹介します。

その前にホワイトニングで起こりえるリスクをしっかり確認してから自分の状態に合うものを選んで下さいね♪

①汚れを落とす成分が配合されているか

購入するときには、必ず着色汚れを落とす成分が含まれているかしっかり選んでください。

上の成分を確認してから購入しましょう。
さらに「研磨剤」が含まれていないかの確認も必要です。
何回も書いていますが、研磨剤は確かに歯の表面の汚れは落ちますが、歯の表面を削って汚れを落とすので、さらに黄ばみを進行させてしまいます。
なので、研磨剤が含まれていないものを購入してくださいね。

②価格が適正か

ホワイトニングジェルは、毎日続けて自然な歯を白くさせていきます。
1日でも怠るとその効果は半減してしまうので、必ず継続することが大切です。
しかし、価格が高いと毎月続けるのはかなり難しいですよね!
そこで、毎月しっかり続けられる価格の確認も大事ですよ。

③医薬部外品に認定されているか

医薬部外品とは厚生労働省の許可を得て販売されています。
日本は海外と違い、薬事法でさまざまな薬品、薬剤の濃度など制限があります。
医薬部外品に認定されているものは、薬事法に違反せず、かつしっかり汚れを落とす効果があると認定を受けたものです。
安心して使うためにも、医薬部外品に認定されているものを購入するようにしましょう!

あなたにぴったりのホワイトニング対策