自宅でも歯科でもホワイトニング!白い歯を目指すためのサイト

歯の黄ばみ

歯の黄ばみの治し方!歯を白くする方法を徹底解説

あなたは歯の黄ばみに悩んでいませんか?歯の黄ばみは治療せずに放っておくとどんどんと悪化する可能性がある困った症状です。

しかし歯の黄ばみの原因や対策法について、ちゃんと知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこでこの記事では歯の黄ばみに関して詳しく解説し、対策法や歯科・サロンを選ぶポイントまで詳しく書いてまとめてみました。

歯の黄ばみにお悩みの方には必見の内容になっています。

ぜひ最後までご覧ください。

そもそも歯の黄ばみって何?その原因とは

歯の黄ばみ

歯の黄ばみとは何らかの原因で、本来白い状態である歯に黄ばみができてしまっている状態を指します。

黄ばみといっても明らかな黄色とは限らず、白っぽい色であることも珍しくありません。

その原因は各種あり、外因性と内因性に分かれます。

黄ばみができる外因性の原因

歯に黄ばみができてしまう原因には、外因性と呼ばれる外からの刺激で起こってしまうタイプがあります。具体的に挙げていきますね。

食品

着色料を使用しているカレー、ポリフェノールを含んだワインなど、歯に着色し黄ばみの原因となる食品がたくさんあります。

飲み物

健康な印象があるスポーツ飲料、男女問わず人気の炭酸飲料、アルコールなど飲料水も歯の黄ばみの原因になります。

タバコ

タバコにはタールと呼ばれる吸着性の高い成分が含まれています。通常茶色っぽい汚れが目立ってきますが、長年吸い続けることによって黒っぽくなることがあります。

ヤニ汚れといわれるこの歯の黄ばみは、放っておけば口臭の原因ともなるのでできるだけ避けていきたいものです。

黄ばみができる内因性の原因

加齢

加齢に伴い歯のエナメル質が摩耗していき、同じく加齢により摩耗していった神経が見えるようになります。エナメル質の摩耗+神経の摩耗が起こると歯の黄ばみの要因となります。

歯の異常

歯の汚れが蓄積され歯垢になると、通常の歯磨きでは汚れが取り切れなくなり歯の黄ばみの原因となることがあります。

また、虫歯になれば黄ばみだけではなく黒ずみの原因ともなるため、早めに治すことで歯をきれいに保つことができます。

遺伝

遺伝により元々歯の黄ばみが目立つ方がいます。エナメル質の形成がうまくいかなかったために起こるタイプですが、ホワイトニングである程度は改善される可能性があります。

歯の黄ばみを自分で白くする方法のポイント

歯の黄ばみ
忙しくなかなか歯科にかかれない方は、自分で歯を白くしていく必要も出てくるでしょう。そこで自分で歯を白くをする方法の解説と、そのポイントや注意点を詳しく書いていきます。

セルフケアでは歯の黄ばみが取れない?

セルフケアでは歯の黄ばみが取れないといった情報を、目にすることも多いと思います。実際のところをいうと取れないケースと取れるケースに分かれます。

歯の黄ばみが取れないケースでは、虫歯やかぶせものの経年劣化などが挙げられます。これらのケースでは歯をきれいにすれば黄ばみが取れるわけではないので、自分で処置することがとても困難です。

また、黄ばみの原因となる着色汚れや歯垢などがひどく浸透しているケースでも、自分で行うのが困難である場合があります。

こういったケースを除けば自分で行うセルフケアでも、十分に歯の黄ばみを取り白くしていくことができます。

歯の黄ばみがとれる歯磨き粉を使う

歯の黄ばみを取るためには普段からの歯磨きが大切となります。でもただ歯磨きをすればいいというわけにはいきません。歯の黄ばみを取っていくためには、工夫をしていく必要があるんです。

まず歯磨き粉を選ぶ際には、研磨剤入りを選ぶことをおすすめします。研磨剤入りの歯磨き粉を使えば歯の表面にある汚れを削ることができるので、通常の歯磨き粉に比べてきれいになりやすいんです。

歯磨き粉の裏面を見ると成分が書いてありますが、研磨剤とはっきり書いてあるとは限りません。

リン酸水素カルシウム、炭酸カルシウム、重質炭酸カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸(シリカ)などの成分には研磨剤としての役割があるので、記載があるかを確認してから購入するといいですよ。

判断が難しいようなら、ホワイトニング専用歯磨き粉を購入すると間違いがありません。

ホワイトニング専用歯磨き粉として有名なのが、「はははのは」と「セッチマはみがき スペシャル」です。どちらもホワイトニング専用歯磨き粉として大人気で、口コミなども多い商品となります。

歯の黄ばみや口臭など、気になるお口の問題を改善してくれます。初心者はまず、専用歯磨き粉を試してみましょう。

こちらのページでも専用歯磨き粉については詳しく解説しています。

ホワイトニング自宅人気アイテムランキング【2017年】

歯の黄ばみが重曹で取れる

歯の黄ばみに重曹が効果的という話を知っていますか?重曹は汚れを取るのに効果的で掃除用としてよく使われますが、実は歯の汚れにも効果を発揮することができるんです。

重曹はとても細かい粒子で成り立っていて、歯に使用すれば表面の汚れを効率よく落としてくれます。また、食品にも使用される商品なので、なじみがよくアレルギーのリスクも比較的低い仕様となっています。

重曹歯磨きに必要な重曹ペーストの作り方は、以下の通りです。

1. 大さじ1の重曹を器に入れる

2. 水を少量ずつ入れながら混ぜ、とろみが出るまでなじませる

必要に応じて、レモンやライムの果汁を加えるなどの方法もありますが、重曹ペーストの効果が強すぎて、歯を削りすぎるなどの弊害が出てくる可能性が出てきます。

そのため初心者はなるべく、基本の重曹ペーストを使用することをおすすめします。

重曹ペーストで歯磨きを行うと歯を削ってしまう可能性があるので、歯ブラシを使わず歯に重曹ペーストを塗り、アルミホイルを歯に巻き付けるという方法がおすすめです。

様子を見ながら1時間ほど置き、口内をゆすぐだけなのでとても簡単ですよ。

歯の黄ばみが便利に取れるホワイトニングテープ

ホワイトニングテープは1日1回使用するだけで、歯の黄ばみが取れるという優れものです。アメリカではポピュラーですが、日本では薬事法の関係で購入することができません。

歯科で使われる過酸化水素という成分が使われているため、ホワイトニング効果がとても強く一部の通の間で話題になっている商品です。

海外からの個人輸入や直接購入でしか手に入れることができないため、購入がかなり困難です。でも海外に行くことがあったら探してみてもいいですね。

歯の黄ばみをなでるだけ♪ホワイトニングペン

海外発祥で最近日本でも見かけることが多くなった商品です。漂白成分が入ったペン型の商品で、ピンポイントで歯の黄ばみを退治することができます。

海外のホワイトニングペンと日本製のホワイトニングペンとでは成分が違い、海外製のホワイトニングペンには過酸化水素や過酸化尿素といった効果の高い成分が配合されています。

でも海外製のホワイトニングペンは購入が困難なため、日本製の商品を選択するのがいいでしょう。ドラッグストアや通販で購入が可能です。

歯の黄ばみ専用、歯の消しゴム

歯の消しゴムは研磨作用のある消しゴムを使い、歯の汚れを落とすことで歯を白くしてくれるアイテムです。ペンタイプなのでとても使いやすく、ピンポイントで歯をクリーニングしていくことができるんですよ。

ドラッグストアや通販で気軽に購入することができます。誰にでも使いやすいのでとても簡単なやり方といえますね。

歯の黄ばみを、歯科やホワイトニングサロンで白くする方法

ホワイトニング
セルフケアでもある程度は歯の黄ばみをなくすことができます。でも本当に重度な汚れはなかなか自分で取ることができない場合があります。

そこでおすすめなのが、歯科やホワイトニングサロンで歯を白くするという選択です。

プロによる診断が受けられるので、とても効率的に歯の黄ばみを取ることが可能となります。

では具体的にはどういった方法があるんでしょうか?

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは数回の受診を行ったうえで、自宅でホワイトニングを行う方法です。

基本的に薬剤やマウスピースを使ってのセルフケアとなるので、歯科に通う手間が省け忙しい人にはとてもおすすめのホワイトニング法です。

料金も抑えられるので、お財布事情が厳しい方にもおすすめできますね。

オフィスホワイトニング

医師にすべてをお任せして行うホワイトニング法です。細かな診断はもちろん、施術も医師がすべて行ってくれるので、自分は何もせずにホワイトニングを行うことができます。

ただ毎回通う手間が出てくるので、忙しい方にはあまり向きません。本格的な施術を行いたい方は、オフィスホワイトニングを選択しましょう。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを合わせたホワイトニング法が、デュアルホワイトニングです。

まずオフィスホワイトニングを行い、その後ホームホワイトニングを行っていくのでいいとこどりな方法といえるでしょう。

ただ、その分料金が高額になりやすく、他の方法に比べて挑戦しにくいやり方ではあります。

サロンではすべてホームホワイトニングが適用されますが、自宅にて1人で行う方法とは違い店で直接行うので、多少やり方が違います。基本のやり方は同じですが、LEDライトを用いるのが大きな特徴ですね。

歯科、ホワイトニングサロン選びのポイント

歯科やホワイトニングサロンなどで歯の黄ばみを改善しようと思うと、どこに行けばいいのか分からなくなることがありませんか?そこで歯科やホワイトニングサロンを選ぶ際のポイントをご紹介します。

歯科を選ぶ際のポイントはまず、どんな施術を行っているかを確認しておくことにあります。

歯科によって行われている施術に違いが出るので、例えばデュアルホワイトニングを行いたいなら、デュアルホワイトニングを行っている歯科なのかを確認することが大切になります。

また、人気や技術レベルも確認しておくと、安心感が違ってきますね。

ホワイトニングサロンの醍醐味は施術内容だけではなく、リラックス効果を感じることができるかどうかです。そのため、サロン全体の雰囲気やスタッフの接客能力で選ぶと、後悔することがないでしょう。

中には照明をわざと暗くして、ホワイトニング効果を分かりづらくするサロンもあります。鏡周りにしっかりと明るい照明があるかどうかを確認しておくと、後々安心感が増しますよ。

歯の黄ばみを予防する方法

歯
歯の黄ばみはセルフケアやプロの手にかかることで、改善することができます。でもできるなら、あらかじめ予防しておいた方がいいですよね。
こちらでは歯の黄ばみを予防する方法をご紹介します。

食品や飲み物に注意する

上記でもご説明しましたが、歯の黄ばみの大きな原因に食品や飲み物が挙げられます。

できるだけ歯の黄ばみの原因となる食品や飲み物の取りすぎを避けることで、歯の黄ばみを予防することができます。

とりわけ気を付けていきたい食品は以下の通りです。

ポリフェノールを多く含んだ食品や飲み物

・ 赤ワイン

・ チョコレート

・ 紅茶

・ ソバ

・ 大豆

カフェインを含んだ食品や飲み物

・ コーヒー

・ コーラ

・ ココア

・ 栄養ドリンク

着色料を多く含んだ食品や飲み物

・ カレー

・ ビーフシチュー

・ キムチ

・ 清涼飲料水

これらの食品や飲み物には歯の黄ばみ生み出す作用があります。できるだけ避けるようにし、余計な成分が入っていない自然な食べ物を食べ、飲み物は単純な水を飲むようにするとかなり予防することができます。

とはいってもあまりに注意しすぎると食べるものがなくなるので、どれなら妥協できるかを自分の中で考えておくと無理が出ずに済みます。

歯磨きのポイント

歯の黄ばみを予防し改善するには、歯磨きにも注意する必要が出てきます。歯はあまりに強く磨きすぎると、エナメル質が剥がれ汚れが付きやすくなることがあります。それを予防するには普通タイプの歯ブラシを使い、なるべく優しく力を入れずに磨くようにしましょう。

生活習慣

普段の生活習慣の中でよく行われているのが口呼吸です。口呼吸を行っていると口の中が乾燥し、雑菌や口内の循環にかかわる唾液が乾いてしまうことがあります。

それを防ぐためには、意識的に鼻呼吸を行うようにしましょう。普段から口呼吸を行っていると、睡眠中にも口呼吸を繰り返すようになってしまいます。

つまり8時間前後も口を開けていることになるので、歯にはよくありません。口内の安全や歯の黄ばみ対策のためにも、鼻呼吸の習慣をつけるようにしましょう。

歯の黄ばみを改善するためには、知識を持つことが大切

白い歯
歯の黄ばみを改善する方法にはさまざまあり、それぞれにメリットがあります。でもそれらをうまく利用するためには、しっかりとした知識を持っていくことが大切になるんです。

この記事では歯に黄ばみができてしまう原因や対策法など、あらゆる観点からみた情報が書いてあります。ぜひもう一度読み返してみてください。

あなたにぴったりのホワイトニング対策

ホワイトニング自宅ランキング