自宅でも歯科でもホワイトニング!白い歯を目指すためのサイト

ホワイトニングテープの使い方

効果絶大!日本で販売が禁止されているホワイトニングテープの使い方は?

ホワイトニングテープは歯の漂白効果が高く、オフィスホワイトニングと同様の効果があります。
しかし、実は日本では販売が禁止されています。

そこで今回はホワイトニングテープの使用方法と、なぜ日本で販売が禁止されているのか、その理由や注意点を見ていきますよ!
ぜひ参考にしてくださいね。

ホワイトニングテープとは?

ホワイトニングテープとは

ではそもそもホワイトニングテープとは何か見ていきましょう!
ホワイトニングテープはアメリカではかなりポピュラーな商品となっていて、その名の通り、歯に張るだけでホワイトニングができるというものです。

薬剤を飲み込む危険がなく、手軽で自宅で簡単にホワイトニングができるという利点を持っています。

アメリカでは、ホワイトニングの中で最も多く使われていて、ドラッグストアでも気軽に購入できる商品になっています。

ホワイトニングテープの使用方法を見てみよう!

使用方法

ではホワイトニングテープはどのように使うのでしょうか?

1.歯磨き粉を付けずに水でブラッシングをする
2.歯についた水分を拭き取る
3.テープを本体からはがし、ホワイトニングジェルがついている面を歯に装着する
4.余ったテープは、歯の裏に折り返すように張る
5.30分ほど放置して剥がす
6.口をゆすいで完了

以上が使用方法になります。

ホワイトニングテープは1日1回30分を、20日間毎日継続して行います。
早く効果を出したい!という方は、1回30分を2回行い10日間継続すると、早く歯を白くすることが出来ますよ!

大体白さは1年程度持続するといわれていて、かなり効果の高い商品となっています。

ホワイトニングテープは日本では販売不可!

販売不可

上でアメリカでは、アメリカではと口酸っぱく書いてきましたが、日本では購入できるかというと

答えは「NO」です。

実はホワイトニングテープには、過酸化水素が含まれています。
この過酸化水素はオフィスホワイトニングでは使用されているものですが、過酸化水素が歯を漂白して白くします。

しかし、この過酸化水素は日本では薬事法で「劇薬」に認定されています。

使用する場合は免許をもった者、または使用できる濃度が決められているためオフィスホワイトニングでは濃度が一番低いものしか使用が出来ません。

しかしアメリカでは過酸化水素は劇薬には認定されていませんし、ホワイトニングにも積極的な国なので、ドラッグストアで気軽に購入することが出来ます。

では日本にいたら買えないのかというと、実は買えます!
日本では、インターネットから個人輸入という形で購入することができ、楽天等でも販売されています!

ホワイトニング効果も、歯医者で受けるオフィスホワイトニングと同じ効果を期待でき、その後の効果の持続もあるので試してみる価値はあると思います。

ホワイトニングテープを使用するときの注意点は?

使用するときの注意点

ホワイトニングテープを使用するときに注意してほしいことがあります!
ここではその注意点をしっかり見ておきましょう!

①痛みが出ることがある

ホワイトニングテープは過酸化水素を使用しているため、漂白効果が高いです。

薬品の濃度も高いので、長時間張っておくと痛みを感じたり、歯茎が炎症を起こす可能性もあります。
放置する時間は必ず守りましょう

日本人の歯は象牙質が太く、エナメル質が薄いという特徴があり痛みを感じやすい傾向にあります。

②使用できない歯がある

神経がない歯、詰め物、かぶせ物がしてある歯にホワイトニングテープを張っても効果はありません。

また虫歯がある歯に張ってしまうとかなり痛みが出ることもあります。
使用する前に歯医者で歯のチェックをしてもらうと、さらに安心して使用できますよ!

③毎日続ける

ホワイトニングテープは、一定期間毎日行わないと意味がありません!
決められた時間、毎日継続しましょう。

ホワイトニングテープを張った後は、着色汚れが付きやすい状態になっています。
食事内容や飲み物に注意することが大切です。

④テープをしっかり添付する

テープをしっかり隙間なく添付しないと、テープが密着した部分はホワイトニングが出来ず、まだらに白くなってしまいます。

これは本当によくある失敗パターンとなっています。
テープの装着後は隙間に空気が入っているところがないか、しっかり確認しましょう!

さらに歯並びが悪いところは少しテープを切って調整するときれいに添付することが出来ます。

しかし、あまりに歯並びが悪い場合は、ホワイトニングテープを綺麗に張れないので、テープの使用はおすすめできません。

⑤輸入商品なのですべて自己責任

ホワイトニングテープは上で書いたように、日本では販売許可が下りていないので購入することが出来ません!
しかし、個人輸入で購入は可能となっています。

ですが、使用やそのほかの副作用がでてもメーカー保証がないので、すべて自己責任になるので覚えておきましょう。

ホワイトニングテープにはどんな商品があるのか

現在日本で輸入できるホワイトニングテープは「クレスト 3D ホワイトストリップス」のみとなっています。

クレスト 3D ホワイトストリップス

クレスト 3D ホワイトストリップス

出典 : https://stylehaus.jp/articles/148/

アメリカではかなりメジャーな商品で、多くの方が使用しています。

1日30分シールを張るだけで、さらに1万円以下でホワイトニングができるとかなり評価が高い商品となっています。
最短3日で効果を時間でき、内部からしっかり安全に歯を白くすることが出来ます。

以前は楽天やAmazonで購入することが出来ましたが、今は販売中止となってしまいました。

Wowma!やYahooショッピングでは取り扱っていて、10回分で3,280円で購入できます。
さらに、20回分でBYMAで4,120円で取り扱っていました。
ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

ホワイトニングテープについて

いかがでしたか?

今回はホワイトニングテープについて見てきました。
最後はこの記事のまとめを書いておきます。

  • ホワイトニングテープは、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングに近い効果を実感できる。
  • ホワイトニングテープは、過酸化水素を使用しているため日本では販売が許可されていない
  • 個人輸入なら購入可能
  • 使用する際はしっかり説明書を読んでから使う
  • 刺激が強いので痛みを伴ったり、まだらに白くなる場合もある

以上5つが今回のまとめとなります。

ホワイトニングテープは日本では認可されていませんが、アメリカではメジャーな商品となっています。

しかし、日本で認可されていないということは、日本人に合うかその安全性が確立されていないということです。
使用する際は全て自己責任なので注意してくださいね。

自宅で本当に歯が白くなるホワイトニングランキング

あなたにぴったりのホワイトニング対策

ホワイトニング自宅ランキング